読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新卒アンテナ by moto®️

リクナビで副編集長やってました。編集長ってなんやねん。リクルート辞めました。

ベンチャー企業だからWantedlyを使って新卒採用してみた


f:id:recruit_man:20160217155250p:plain

Wantedlyを使って新卒採用してみました。

スポンサーリンク

 

「話を聞きに行く」ことに抵抗がない学生に会いたい

Wantedlyには話を聞きに行くというボタンがあります。

就活生からすると、いきなり「話を聞きに行くこと」には抵抗があるようで(何話していいかわからないなど)、一部の学生だけが使っているようです。

ということは、Wantedlyで話を聞きに来る時点で行動面のスクリーニングができるのでは考え、利用してみました。

直接社員に話を聞きに来る積極性がある、かつベンチャー志向な学生に出会うことが狙い。

応募がない

ターゲットは「外資系を受けつつベンチャーも視野にある学生」。

名も無きベンチャー企業が採用とか無理だろうと思いましたが、案の定無理でした

1週間で応募は1名(しかも返信無)。

PVも伸びず、応援も人事メンバーのみの自演求人。痛いベンチャー求人と化してしまいました。

名も無きベンチャー企業がWantedlyに載せただけで採用できるほど世の中甘くない。

改善するため、Wantedlyで採用成功している採用担当者の方に話を聞きに行って来ました。

無名ベンチャーは上位表示が命

アドバイスは一言、「社員に応援してもらえ」。

多くの人に応援してもらってPVを上げる→応募者激増!という流れのよう。

教えてくれた会社では社員の友達にもシェアしてもらうよう協力体制を構築し、500応援→70名応募/週を集めていました。

というわけで、うちの会社でも早速実践してみました。

社員に応援を要請

スポンサーリンク

 

会社に戻って、全社員へ応援要請を打診。

社員だけでなく、友達にも応援してもらうようにお願いし、初日に300近い応援を獲得しました。

写真も差し替え、オフィスの綺麗な写真と、人が多めに写っている写真に。タイムラインからも社内の様子を発信し、コンテンツをリッチにしていきました。

これはあっという間に効果を生み、翌週にはTOP10内に表示されてました。応募数も倍増。応援による効果は非常に大きいことがわかりました。

効果を継続するため「社員は毎日1応援」を定例業務化。これによって安定的に上位表示→PV増加→応募者増加を実現できました。

新卒はドタキャンが多い

応募数は増加したものの、残念なことに当日ブッチ人材が多発しました。

話を聞きに行く直前になって怖気づいてしまうのか、応募者の3〜4割がドタキャンでした。履歴書が不要で気軽に応募できる反面、その気軽さからドタキャンする学生が多いと思われます。

また、プロフィールが埋まっていない人も多く、事前情報がほぼ無いまま当日を迎えるケースもあって、このあたりは非常に不便でした。

情報感度の高い学生が使っていた

ドタキャンはありましたが、会った学生たちは普通のナビサイトにはいないような学生たちで非常に優秀でした。(中には「履歴書とかいらないんで応募しました」というやる気ない層もしましたが...。)

サービスがスケールするとどうしても起きてしまうことですが、この辺りの改善に期待したいところ。

とはいえ、ランニングコストが安いので、新卒採用を考えるIT企業で少数採用な会社でなら使う価値はあるかと思います。

Wantedlyはすごく好きなサービスなので、今後の展開に期待しています。ちなみに弊社には学歴フィルターはありますせん!