転職アンテナ

年収で転職を考えるジョブホッパーのブログ

【おすすめ】転職サイト|転職4回で本当に役立った転職サイトと転職エージェント比較

f:id:recruit_man:20160426114321p:plain

これまで5社への転職で、4回転職エージェントを利用してきました。20社近い転職エージェントを使ってきた中から、実際に使って良かったおすすめな転職サイトと転職エージェントを比較してご紹介します。

転職サイトと転職エージェントの活用方法

私は転職活動をする際、転職サイトで応募したい求人を見つけ、転職エージェントを使って応募をしています。具体的には下記の順番で進めてます。

1.転職サイトに登録

2.転職サイトで求人情報を検索

3.気になった求人を転職エージェントに伝える

4.転職エージェントから推薦状付きで応募する

この方法のメリットは、転職サイトで自己応募しただけでは落ちてしまう求人でも、転職エージェントの推薦を利用することで通過しやすくなることです。自分の市場価値もわかるようになります。

※私は転職活動中、転職サイトで応募して書類で落ちた企業へ転職エージェント経由で内定したことがあります。

最もおすすめな転職サイトと転職エージェント

これまでの転職活動で最も使った転職サービスをご紹介します。転職サイトや転職エージェントは「登録をしたら必ず転職しなきゃいけない」ということは全くないので、まずは登録して求人だけでも見てみることをおすすめします。

リクルートエージェント

f:id:recruit_man:20160425210842p:plain

【登録はこちら】https://www.r-agent.com/

おすすめ度:★★★★★

転職エージェントは数多くいますが、4回の転職で毎回利用していたのがリクルートエージェンでした。こちらから登録して使うことができます。求人が圧倒的に多く、非公開求人もちゃんとありました。リクルートエージェントの特徴は、他社よりもシステムの使い勝手がめちゃくちゃいいところ。面接日時の設定とか、求人検索、応募システムが非常に使いやすいです。こちらから登録して使うことができます。

リクルートエージェントは総合的な求人を紹介してくれる感じなので、幅広く求人を見たい、初めての転職、2回目の転職などに良いです。唯一、システム的に送られてくるに求人のレコメンド精度が気になりましたが、それ以外は文句なし。

ビズリーチ

f:id:recruit_man:20180209234753p:plain

登録はこちら→https://www.bizreach.jp/

おすすめ度:★★★★★

僕は常に登録しており、転職のときにはまず最初に求人を見ています。こちらから登録して求人などを見ることができます。年収1,000万以上の求人や、面談確約のスカウトもちゃんと届きます。企業側がアクティブに使っている印象があり、DMのレスなども早く返ってきました。

ヘッドハンターからのDMが多いのがイマイチですが、企業のレベルや求人の質はかなり高いです。外資系、日系大手、ベンチャー企業のハイクラス求人が多めな感じなので、キャリアアップなどには最適です。 

リクナビNEXT

f:id:recruit_man:20180215113143p:plain

【登録はこちら】→https://next.rikunabi.com/

おすすめ度:★★★★・

間違いない転職サイトです。リクルートエージェントと合わせて毎回利用していたのがリクナビNEXT。とにかく求人数が圧倒的。大手から中小、ベンチャー企業まで網羅されており、非常に便利です。こちらから登録して使うことができます。

リクナビNEXTで最も重宝するのが、履歴書と職務経歴書をWEB上で作成できるツールの存在。ワードとエクセルで出力することができ、リクナビのロゴも無いためどこにでも提出できて重宝します。他の転職サイトよりクオリティ高いので、間違いなく使ったほうが良いです。

使って良かったおすすめ転職エージェント

リクルートエージェント、リクナビNEXTに加え、ほかの転職エージェントも利用することでより良い求人を探せます。今回ご紹介する転職エージェントは、ビジネスマンとしてのスキルが高く要望通りの求人を出せる企業としっかり交渉ができるという点に加え、求人件数の多い、面談対応が良い、書類通過率が高かった転職エージェントです。

JACリクルートメント

f:id:recruit_man:20180216005823p:plain

登録はこちら→http://www.jac-recruitment.jp/

評価:★★★★★

外資系や日系大手の役職高めのポジションが多めの転職エージェント。こちらから登録して使うことができます。特に管理部門系(経営企画、人事など)に強く、ほかのエージェントにはない案件を出してくれました。書類選考や年収交渉もかなり頑張ってくれます。

それぞれに専属の営業マンがついており、面接前には人事とやりとりをしている営業マンが徹底的に対策をしてくれます。AmazonやLEGOを受けた際には、過去に出題された設問や内定する人の傾向について、事前に細かく教えてくれました。

パソナキャリア

f:id:recruit_man:20170916120327p:plain

【登録はこちら】http://www.pasonacareer.jp/

評価:★★★★★

ほかの転職エージェントに比べて幅広く求人を提案してくれたのがパソナキャリアの転職エージェント。転職市場の動向を知るのに最適でした。色々な求人を幅広く見た上で絞る形の転職活動をする人には最適な転職エージェントだと思います。こちらから登録して使うことができます。

大手からベンチャーまで幅広く求人があるので、求人サイトで探すより楽です。パソナキャリア初めての転職にも非常に良いと思います。転職エージェントとしての能力はそこまで強くありませんが、情報収集先としてはめちゃくちゃ強いです。

Geekly

f:id:recruit_man:20180216005129p:plain

【登録はこちら】→https://www.geekly.co.jp/

評価:★★★★★

ギークリー大手の転職エージェントでは書類すら出させてもらえなかった企業に、面接まで繋いでくれました。人事とのリレーションがしっかりしていると思われるので、特定企業においては他社エージェントよりも通過率が高いように思いました。

求人はITベンチャー企業が多め。ギークリーリクルートやLINE、楽天やDeNAなどの大手IT企業、メガベンチャー企業の求人が多めでした。こちらから登録して使うことができます。

担当者とガッツリ面談、あとは電話やメールでやりとりという感じ(希望する求人の摺り合わせをしたいと伝えたら再度面談してくれました)。担当者と仲良くなるとコミットしてくれる感じなので、転職するしないにしろ、まずは面談をしてみるといいです。 

DODA

f:id:recruit_man:20180203215900j:plain

【登録はこちら】→https://doda.jp/consultant/

評価:★★★★・

広告代理店や事業会社、外資系コンサルで役職あり、年収が高めの求人も多くありました。こちらから登録して使うことができます。採用ハードルは高そうですが、DODAは年収をあげたい、キャリアアップしたいという人はこのエージェントを使ってみていいと思います。自分のキャリアも考えてくれるのでオススメです。 

※余談ですが、マイナビエージェント、ワークポート、en転職は転職回数が3回を超えたあたりで登録ができませんでした...。

よく使ったおすすめ転職サイト

僕が実際に使って良かった転職サイトはビズリーチ リクナビNEXT@typeGreenです。

転職サイトは、マイナビ転職やen転職、DODAなど数多くありますが、全部登録したところで「会員登録がめんどくさい」「既視求人(被り)が多い」「DMが大量に来る」という状況に陥るので、この2サービスで十分だと思います。他のサイトと比較しても求人に幅があり、ほぼ網羅できます。

@type 

f:id:recruit_man:20180208224042p:plain

【登録はこちら】→https://type.jp

おすすめ度:★★★★★

@typeも登録必須の転職サイトです。ほかの転職サイトでは見かけない求人が多くあります。twitter japanやIBMなど、ほかでは見かけない外資系企業の求人が多くあります。こちらから登録して使うことができます。

こちらも@typeエージェントと連携できるので非常に使い勝手が良いです。応募した企業から反応がない場合は@typeエージェント経由で企業へ確認してもらったりもしました。

Green

f:id:recruit_man:20171113103523p:plain

【登録はこちら】→https://www.green-japan.com/

評価:★★★★・

こちらも登録必須の転職サイト。

採用に積極的な企業が多く、気になるボタンを押した後すぐにリアクションをくれる企業が多いです。面接までのハードルも低い印象。

また、企業とのやりとりにおけるめんどくさいメールのやりとりを用意されたテンプレで対応できるので手間が少ないです。辞退とかめっちゃやりやすい。アプリあればもっと便利なところ。

転職前に見るべきサイト

転職エージェントは、求職者の入社が決まって初めて売上となる成果報酬型ビジネスです。報酬の相場は求職者のオファー年収の30%〜40%程度。転職エージェントも営業マンとして売上を背負っているので、内定を決めにかかってきます。(特に月末など、数字の締め日は推してくる傾向が強いです)。

決してどんなにいい話でもエージェントの情報だけに頼らず、自分で調べて納得した上で決めて下さい。僕は内定した後、必ず下記の2サイトを使って外部の情報を得てます。

VORKERS

f:id:recruit_man:20160426114332p:plain

【公式サイト】→https://www.vorkers.com/

個人的には信憑性が高いと思っているVORKERS。組織風土や給与などについて詳しく書かれており、直近の書き込みも多くあるので参考になります。年収と社風を参考にしてます。行きたい企業で比較するのがおすすめ。

転職会議

f:id:recruit_man:20160426114321p:plain

【公式サイト】→https://jobtalk.jp/

転職会議は2ch化してる、なんて言われたりもしてますが、とはいえ参考になります。ほとんどの企業を網羅できているので見ておくといいと思います。僕は年収と退職理由だけ見ています。

転職エージェントの注意点

エージェント全体に言えることですが、最初から良い対応はしてくれません。「この転職者は売上になる」と分かった時点から彼らはコミットしてくれます。タイミングとしてはどこかの会社の1次面接を通過した時点。そこまでは相手にされているのかな?というくらい冷たいので、何社か面接を通過した後にコミュニケーションを強めていきましょう。

コミュニケーションを強めておくと、年収交渉の調整で使えます。年収の30%が自社の売上となるエージェントは、自分の売上のために必死に年収交渉してくれます。交渉力が比較的高いエージェントを味方にすると、自分の年収も上がりやすくなるので、そこも見極めるといいです。

※ただし、こんな転職エージェントもいるので気を付けてください。

newgraduates-antenna.hatenablog.com

最後になりますが、結局のところどの転職エージェントも「人次第」にはなってしまいます。「この人ダメそうだな」という転職エージェントに会ったら、すぐにほかの転職エージェントに切り替えたほうがいいです。いい転職をしましょう。

以上、僕が転職活動で活用した転職サイトと転職エージェントでした。