転職アンテナ

リーマン年収と転職のキャリアを考えるブログ

【おすすめ】転職4回で本当に役立った10社のおすすめ転職サイトと転職エージェント

f:id:recruit_man:20180710182852p:plain

これまで5社への転職で、4回転職サイトと転職エージェントを利用しました。合計40社近くの転職サイトと転職エージェントを利用した中から、実際に役立った10社のおすすめ転職サイトと転職エージェントをご紹介します。

スポンサーリンク

転職サイトと転職エージェントの活用方法

転職サイトと転職エージェントの活用方法としておすすめなのが『転職サイトで応募したい求人を見つけ、転職エージェントを使って応募する方法』です。具体的には下記の順番です。

1.転職サイトに登録

2.転職サイトで求人情報を検索

3.気になった求人を転職エージェントに伝える

4.転職エージェントから推薦状付きで応募する

この方法のメリットは、転職サイトで応募しただけでは落ちてしまう求人にも、転職エージェントに推薦してもらうことで通過しやすくなることです。転職回数や知名度の低い会社から転職される方には、特にこの方法がオススメです。

僕が転職活動していたときには、実際にこの方法で転職サイトで落ちた企業に内定をもらうことができました。この方法を使うことで、自分が書類通過できる企業や求人のレベル、年収レンジ、市場価値などもある程度把握できるようになります。

最もおすすめな転職サイトと転職エージェント

これまでの転職活動で最もよく利用した転職サイトと転職エージェントをご紹介します。転職サイトに迷ったら、この3サイトに登録しておけば間違いないです。転職サイトへ登録して自分の市場価値を知るだけでも価値があります。

リクルートエージェント

f:id:recruit_man:20180710181917p:plain

おすすめ度:★★★★★

【公式サイト】 https://www.r-agent.com/

リクルートエージェント』は4回の転職で毎回利用しました。転職エージェントと面談し、内定にも繋げてもらいました。総合的に求人を提案してくれるので、まず登録しておいて間違いないです。初めての転職でも2回目以降の転職でも、毎回役に立った転職エージェントでした。こちらから登録できます。

リクナビNEXT』との連携や、面接日時の設定、求人検索、応募までの一連の流れが非常に使いやすく、安心感がありました。システム的に送られてくる求人のレコメンド精度はイマイチでしたが、それ以外はとても良いので登録しておいた方がいいです。

f:id:recruit_man:20180710192840j:plain

DODA転職エージェント

f:id:recruit_man:20180710182543p:plain

おすすめ度:★★★★★

【公式サイト】https://doda.jp/

DODA転職エージェント』は求人の量と質ともに『リクルートエージェント』に次いで満足度の高い転職エージェントでした。大手企業から外資系企業、ベンチャー企業と幅広く求人があります。こちらから登録できます。

『DODA』は転職サイトが有名ですが、転職エージェント機能も持っています。希望の求人をちゃんと提案してくれましたが、大手エージェントのため企業担当と面談担当が分かれており、企業情報が少し薄い感じがありました。とはいえ、大手エージェントとあって大きな不満は無く、まず登録しておいて損はないです。転職サイト、転職エージェント共にとても便利なので、登録して求人を見るだけでも役立ちます。

f:id:recruit_man:20180710192840j:plain

ビズリーチ

f:id:recruit_man:20180710182103p:plain

おすすめ度:★★★★★

【公式サイト】https://www.bizreach.jp/

ビズリーチ』は転職サイトの中で最も利用していました。僕は常に登録していて、転職活動初期に必ず見ています。職務経歴書(レジュメ)の登録をしておくだけで、面談が確約されたスカウトが届くようになります。こちらから登録できます。

実際に使ってわかりましたが、年収500万以上になったあたりから面談確約のスカウトなどが届くようになったので、一定の年収水準を超えている人には役立つ転職サイトだと思います。転職エージェントからのDMが多い点がイマイチでしたが、企業のレベルや求人の質は他に比べてもかなり高めでした。

f:id:recruit_man:20180710192840j:plain

使って良かったおすすめ転職エージェント

僕が転職する際に実際に使って良かった転職エージェントもご紹介します。いずれも「求人件数が多い」「面談の対応レベルが高い」「書類選考の通過率が高い」という3つの条件を満たす転職エージェントなので、非常に役立ちました。

パソナキャリア

f:id:recruit_man:20180710182143p:plain

f:id:recruit_man:20180411123907p:plain

おすすめ度:★★★★★

【公式サイト】http://www.pasonacareer.jp/

パソナキャリア』は、ほかの転職エージェントに比べて幅広く求人を提案してくれました。自分で転職サイトを使って探すより楽に求人を見つけられます。本当に数多く求人を提案してくれるので、転職市場の動向を知りたい人や、色々な求人を幅広く見た上で判断したい人におすすめです。こちらから登録できます。

転職エージェントとしての能力も大手エージェントの中では高めで、交渉力もありました。求人情報の収集先としても強く、転職サイトで探すよりも便利なので登録して求人をもらうだけでも価値のある転職エージェントでした。

f:id:recruit_man:20180710192840j:plain

JACリクルートメント

f:id:recruit_man:20180710182509p:plain

f:id:recruit_man:20180412104301p:plain

おすすめ度:★★★★★

【公式サイト】 http://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメント』は年収500万のときに利用し、役職と年収アップ(150万UP)に繋げてくれました。人材業界では有名な転職エージェントで、転職エージェントとしての能力も高いです。転職サイトの『ビズリーチ』と同様、キャリアアップや年収アップ、ハイクラス求人を求める人に最適な転職エージェントです。こちらから登録できます。

特定の企業においては、他社の転職エージェントよりも通過率が高く、役職や年収の交渉も強かったです。企業ごとに営業担当が付いており、企業情報を詳細に知れたのでとても安心感がありました。

f:id:recruit_man:20180710192840j:plain

type転職エージェント

f:id:recruit_man:20180716134530p:plain

f:id:recruit_man:20180411123103p:plain

おすすめ度:★★★★・

【公式サイト】https://shoukai.type.jp

大手企業とのパイプが強かったのが『type転職エージェント』。日系大手企業の書類選考や年収交渉をかなり頑張ってくれました。こちらから登録できます。type転職エージェントは、都心(東京、神奈川、埼玉あたり)の企業の求人に強い印象がありました。逆に言うと、地方の求人には弱いので、地方で転職するなら『リクルートエージェント』などの転職エージェントを使った方が良いです。

type転職エージェントは、面接前に企業の人事担当と直接やりとりしている営業マンから直接、面接対策をしてもらえました。僕がリクルートを受けたときに、過去に出た問題や、内定する人の傾向などを細かく教えてもらえたので、結構信頼できました。

f:id:recruit_man:20180710192840j:plain

※余談ですが、マイナビエージェント、ワークポート、en転職は転職回数が3回を超えたあたりで登録ができませんでした...。

スポンサーリンク

よく使ったおすすめ転職サイト

転職サイトは「求人数が多い」「手軽に使える」「ほかには無い求人がある」という基準で選びました。マイナビ転職やen転職など、転職サイトは数多くありますが、全部使うと「会員登録がめんどくさい」「既視求人(被り)が多い」「DMが大量に来る」という状態になるので、下記転職サイトで充分でした。

リクナビNEXT

f:id:recruit_man:20180710181958p:plain

おすすめ度:★★★★・

【公式サイト】https://next.rikunabi.com/

リクナビNEXT』には転職サイトで唯一、履歴書と職務経歴書を無料で作成できるツールがあります。僕は毎回利用していました(これ本当に便利です)。リクナビNEXTのロゴなどはなく、ワードとエクセルへ出力できるのでとても便利でした。こちらから登録できます。

転職サイトの最大手とあって求人が多いので、オファーをもらう「スカウト機能」に登録しておくと良いです。非公開求人のスカウトなどが届くので、それをチェックしていました。リクナビNEXTのサイト上では「新着求人」と「人気ランキング」を見ておくと、いい求人を発見できるのでおすすめです。

f:id:recruit_man:20180710192840j:plain

DODA

f:id:recruit_man:20180710182646p:plain

おすすめ度:★★★★★

【公式サイト】https://doda.jp/

DODA』は『リクナビNEXT』に次いで求人の量と質ともに満足度が高い転職サイトでした。転職を考えるなら、まず登録しておいて間違いないです。有名企業から外資系、ベンチャー企業など幅広い求人があるので、求人を色々見たい人におすすめ。こちらから登録できます。

DODAもリクルートと同様に転職エージェント機能を持っているため、転職エージェントとして使えます。転職サイトのDODAでいい求人を見つけて、DODA転職エージェントから紹介してもらうのがおすすめです。

f:id:recruit_man:20180710192840j:plain

キャリトレ

f:id:recruit_man:20180710182731p:plain

おすすめ度:★★★★・

【公式サイト】 https://www.careertrek.com

すぐに登録できると評判の『キャリトレ』。自分の希望条件や職務経歴を細かく入れなくても自分にあったおすすめ求人を紹介してくれます。「今すぐ転職したい」というより「何かいい仕事があったら見たい」という感じでも使えるので、まずは求人を見たい人におすすめ。こちらから登録できます。

求人はベンチャーから外資系企業まで幅広くありました。求人の質は高いですが、ハイクラスな求人を求める人は転職サイトの『ビズリーチ』を使うのがおすすめです。

f:id:recruit_man:20180710192840j:plain

転職サイト・転職エージェントと合わせて見るべきサイト

転職サイトや転職エージェントの情報だけでは「給与はどうなの?」「仕事環境は?」など多くの疑問が出ます。その際に参考となるのがその企業で働いている人の口コミです。僕は転職前に下記のサイトを見ています。

VORKERS

f:id:recruit_man:20180710182809p:plain

【公式サイト】https://www.vorkers.com/

個人的に信憑性が高いと思っているのが『VORKERS』。組織風土や給与などについて詳しく書かれており、直近の書き込みも多いのでとても参考になります。転職サイトの年収だけではリアリティがないので、VORKERSで年収と社風は必ず参考にしています。使い方としては、行きたい企業で同士を比較してみるとわかりやすいです。転職時に必ず見ておくことをおすすめします。

転職会議

f:id:recruit_man:20180301132122p:plain

【公式サイト】https://jobtalk.jp/

転職会議』は2ch化してる、なんて言われたりもしてますが、一応参考になります。VORKERSに比べてコメントの質は下がりますが、転職サイトに掲載されている企業のほとんどが網羅されています。僕は年収と退職理由を中心に見ています。転職サイトで募集されている正社員のコメントだけでなく、派遣社員や契約社員の口コミもあるので、情報を幅広く見ることができます。

転職サイトと転職エージェントを使って良かったこと

転職エージェントは、転職者の入社が決まって初めて売上になる成果報酬型のビジネスをしています。報酬の相場は転職者のオファー年収の30%〜40%程度。転職エージェントも営業マンとして売上を背負っているので、年収が高い方が売上も高くなります。

つまり、転職エージェントを使うことで年収交渉は彼らが頑張ってくれます。交渉力が高いエージェントを味方にすれば自分の年収も上がるので、転職エージェントは上手く活用したほうが良いです。

転職エージェントは人次第なので「この人ダメそうだな」という転職エージェントに会ったら、すぐにほかの転職エージェントに切り替えると良いです。経験上、時間の無駄でしかありませんでした。

転職はネガティブなものではなく、一貫性があればしっかりと評価されるので、転職サイトや転職エージェントを使って、良い転職をしましょう。

スポンサーリンク