新卒アンテナ by moto®️

年収500万円からのキャリアについて考える

【タヒチ ボラボラ島】コンラッドボラボラヌイに泊まってきた

f:id:recruit_man:20171112193914p:plain

2017年10月16日〜10月23日にタヒチはボラボラ島の「コンラッドボラボラヌイ」へ宿泊してきました。※2017年4月に「ヒルトン ボラボラ ヌイ リゾート&スパ」からリ

ニューアルしたホテルです。

参考までに、ホテルの詳細や現地での食事や観光情報についてブログにまとめました。

スポンサーリンク

 

コンラッドボラボラヌイの公式動画がこちら。

コンラッドボラボラヌイの情報は結構少ないため、今回ブログに情報をまとめました。


Welcome to Conrad Bora Bora Nui

ボラボラ島は4月〜10月が乾季、11月〜3月が雨季なので、今回の旅行はギリギリ乾季のタイミングでした。滞在中の気温は24℃〜28℃ほど。夜は風があると涼しいくらいの気候でした。

移動:成田〜パペーテ〜ボラボラ島

f:id:recruit_man:20171028185237j:plain

コンラッドボラボラヌイまでは全行程で約16時間ほど。タヒチ(パペーテ空港)までは成田空港から直行便「Air Tahiti Nui」が出ています。

パペーテまでは約11時間。機内食は2食、機内の設備はボチボチといったところ。映画は最新のものがありましたが、英語のみが多く見るものは少なかったです。

長時間のフライトなので、予算に余裕があったらビジネスで行くことをオススメします。

f:id:recruit_man:20171028190744j:plain

パペーテに到着後は国内線でボラボラ島へ移動します。所要時間は直行便なら50分、経由便だと約1時間30分。アクセスがよければ国際線から2時間程度で乗り換えできます。

国内線は全て自由席となっており、機内アナウンスはタヒチ語、英語、フランス語なので経由便で降りるときはアナウンスに注意が必要です。

f:id:recruit_man:20171028190920p:plain

パペーテを離れると窓からエメラルドブルーの海と各ホテルの水上ヴィラが見えます。

※国内線の機内は冷房が効きすぎてかなり寒いので要注意。

f:id:recruit_man:20171028191030j:plain

ボラボラ島に到着。

空港からすぐの船着き場でホテルの方が待っていてくれます。ホテルごとに船の大きさやラグジュアリー度が異なるため、ホテルのランクを感じました(コンラッドボラボラヌイの船はそこそこ豪華でした)。

そしてなんといってもこの海。驚くほど綺麗で疲れが吹っ飛びます。

f:id:recruit_man:20171028191802p:plain

コンラッドボラボラヌイへは船着き場から約20分ほど。この日は日本人3組が乗船していました。

ホテル:コンラッドボラボラヌイ

スポンサーリンク

 

コンラッドボラボラヌイに日本人スタッフはいますが、常駐しているわけではないようで、いないときは英語でのやりとりでした。

チェックインするとコンラッドボラボラヌイ内を案内してもらえます。Wi-Fiスポットも島内のほぼ全てにあり、無料で利用できました。

f:id:recruit_man:20171028184121j:plain

f:id:recruit_man:20171028193258j:plain

f:id:recruit_man:20171028235828j:plain

f:id:recruit_man:20171029001330j:plain

f:id:recruit_man:20171028193613j:plain

今回泊まったヴィラの周辺は水深が深く(176cmの男性で足が全くつかない)、泳いでいる人はいませんでしたが、部屋からはすぐに海へ入れます(シャワーも外に完備)。

テラスには椅子が置かれているので、のんびりと時間を忘れて海を眺めていられます。

f:id:recruit_man:20171028234448j:plain

部屋はリニューアルされたばかりでとても綺麗でした。お風呂、ベッド、洗面台、トイレなど設備はすごく良かったです。もちろんWi-Fiも完備。

f:id:recruit_man:20171028194244j:plain

f:id:recruit_man:20171029003503j:plain

島内の移動は自転車です。無料のレンタサイクルがあります。

f:id:recruit_man:20171029003302j:plain

非常に気持ちよく走れるのでオススメ。ちなみにブレーキがないので慣れるまではちょっと大変でした。

部屋からビーチまでは近く、タオルやシュノーケル、フィンはビーチで無料レンタルできるので手ぶらで動けます。

f:id:recruit_man:20171029170115j:plain

ビーチには、浅瀬にも魚やエイがたくさんいるので、シュノーケルさえあればすぐに魚を見ることができます(わかりにくいですが、下のほうに見える黒い物体がエイの群れです)。

また、コンラッドボラボラヌイはプールも完備しており無料で利用できます。プール内の椅子でお酒を飲みながらのんびりするのも気持ちよかったです。

高台からはコンラッドボラボラヌイ全体の景色を見ることもできます。

f:id:recruit_man:20171029003107j:plain

f:id:recruit_man:20171029003147j:plain

ここも本当に綺麗でした。

コンラッドボラボラヌイ:食事

オールインクルーシブを申し込まなかったため、付いていたのは朝食のみ。

朝食はビュッフェスタイルで開放感のあるテラスで朝食を食べることができます。

メニュー(無料)をもらうこともでき、フレンチトーストやパンケーキの注文も可能。スタッフにお願いすれば日本語版のメニューもくれます。

f:id:recruit_man:20171029001016j:plain

昼食・夕食についてはホテル内施設のほかにルームサービスが利用できます。価格はちょっとお高め。

また、ルームサービスにはデリバリー料で1,400xpf(約1,400円)も別途かかります。

f:id:recruit_man:20171029162943j:plain

注文したパスタ(3,000円)がこちら。全体的に味は薄め、量少なめです。ちなみに飲み物はミネラルウォーターであれば毎日2本無料で部屋に届けてもらえます。

f:id:recruit_man:20171029162747j:plain

夕食を食べられる施設では様々なイベントが開催され、イベント内容によって食べ物のメニューが変わります。

普段は平均3000xpf/1品くらいの中華料理屋が、タヒチアンダンスのイベントの日はビュッフェスタイルで13,000xpf/人になってました。別途飲み物などを頼んで2人で約27,000xpf(約27,000円)ほどでした。

f:id:recruit_man:20171029175935j:plain

オプション:ヒナスパ・カヌー朝食・ロマンチックディナー

今回の旅ではオプションでカヌー朝食とスパを申し込みました。

カヌー朝食は、朝食をカヌーで運んでもらい、部屋のテラスで食べるプランです。とっても優雅ですが、天候に左右されるため、雨や強風だと部屋の中へ普通に運ばれてしまいます...。

f:id:recruit_man:20171029164113j:plain

f:id:recruit_man:20171029163846j:plain

結構ボリュームがあり、風が強かったこともあってなかなか大変でしたが食事はとても美味しかったです。

もう一つのオプションは「ヒナスパ」。

こちらはホテルで直接予約することができ、コンラッドボラボラヌイの丘の上で施術してもらえるスパです。

非常に眺めの良い場所で気持ちよくマッサージを受けられます。

f:id:recruit_man:20171029172143j:plain

f:id:recruit_man:20171029172256j:plain

f:id:recruit_man:20171029172324j:plain

今回は「ヒナマッサージ」という全身マッサージ(50分)を受けました。お値段は1,5000xpf(約15,000円ほど)。こちらも受付、施術ともに全て英語対応でした。

おまけですが、ロマンチックディナーをしている人を目撃したので写真だけ置いておきます。すごくいい雰囲気でした。

f:id:recruit_man:20171029181837j:plain

ボラボラ島旅行で事前に知っておいた方が良いこと

コンラッドボラボラヌイは本当にいいところでした。しかし、事前情報があまりに少ないため今回行って感じたことを書いておきます。

①天気予報はあてにならない

事前に見ていた天気予報では全日程で雨でしたが、実際に行ってみると雨は初日だけでした。天気は変わりやすく、天気予報はあまりあてにならない感じでした。

※天気予報の的中率が高かったのはiPhoneにデフォルトで入っている天気予報アプリでした。

②食事の価格は全体的に高め

1食平均5,000円/人ほどかかります。また、日本食が少ない、部屋でのんびりする時間が長いなどの理由から、日本からカップラーメンなどを持参しても良いかもしれません。

③言葉は英語がマスト

基本的に全て英語です。日本人スタッフもいますが、捕まらないときは英語でのやりとりとなるため少しでも話せるようにしておくことをオススメします。

④蟻と蚊が多い

食事など、食べかけのものを部屋に置いておくと大量の蟻が部屋の中までやってきます。また、蚊も非常に多いです。なので虫除けスプレーは必須。特に空港には蚊が多く発生しており、待ち時間に刺される人が多数いました。

⑤事前の両替は不要

コンラッドボラボラヌイの中であれば全てサインだけで済みます。チェックアウトのときに支払うのみ。日本で両替していきましたが、全く使いませんでした。手数料が勿体無かった。

⑥日焼け止めはマスト

紫外線が日本の3倍とあって、日に当たっているだけでジリジリと痛いです。日焼け止めは絶対に持っていったほうがいいです。

⑦パペーテで取るホテルは町から近いほうがいい

今回泊まったホテルは「タヒチパールビーチリゾート」というホテルでしたが、空港から約30分、市街地まで20分という立地でした。

バスは事前予約となっており、タクシーも捕まえられず、言葉もタヒチ語の方が主流で本当に不便でした。

お土産を買ったりするのであれば、市街地に近いホテルがいいです。また、ホテルでゆっくりするのであればインターコンチネンタルタヒチリゾート&スパが圧倒的にオススメです。市街地にも空港にも近く、ホテルも綺麗でした。

⑧お土産はパペーテ空港でほとんど揃う

お土産はホテルやパペーテ市内でも買えますが、帰国の際に利用するパペーテ空港でほぼ揃います。荷物になるのも大変なので、帰りの空港でまとめて買うのが良いと思います。

費用など

f:id:recruit_man:20171028235828j:plain

2017年10月16日〜23日の滞在で、コンラッドボラボラヌイ4泊、パペーテ2泊、オプションでヒナスパ、カヌー朝食利用で、諸経費含め約70万円/人でした。

その他、チェックアウト時にコンラッドボラボラヌイ内での食事やサービス料の精算が約5万円/人。トータルで約80万円/人ほど。

でもあのエメラルドブルーの海はほかでは見られないくらい綺麗ですし、コンラッドボラボラヌイのスタッフレベルを考えると全然満足できます。

本当に楽園のような場所で、時間を忘れてのんびりできました。また行きたいと思える旅だったので、是非一度行ってみていただければと思います。

以上、ボラボラ島のホテルコンラッドボラボラヌイについてでした。