転職アンテナ

リーマン年収と転職のキャリアを考えるブログ

【実話】自分のブログが会社にバレてリクルートに転職した話

f:id:recruit_man:20160310123417p:plain

匿名でブログをやっている人も多いと思いますが、もし会社にバレたらどうしますか?

僕はバレました。でもそれがきっかけでリクルートに転職しました。

※リクルートへ転職を考えている方はこちらの記事をどうぞ。

スポンサーリンク

 

会社員やりながら就活ブログを開設

今もこうしてブログをやっていますが、僕は4年前にもブログをやっていたことがあります。

当時は「◯◯株式会社のES公開」とか「面接官はこういうところを見ている」みたいな就活ノウハウ系のコンテンツを発信する就活生向けのブログをやっていました。

自分なりにわかりやすく工夫して書く努力をし、少しづつではありますが就活生に見てもらえるブログになっていきました。

当時は「ブログで稼ぐぜ!」みたいなことは一切考えず、少しでも多くの就活生に自分の経験を伝えようと、粛々とブログを続けていました。

Yahoo!ニュースのTOPに載った

ブログを開設して3ヶ月目のある朝、アナリティクスのアクセスを見たらリアルタイムアクセスで10万人を超えるアクセスが。

「うおおおおなんだこれ!!!!!!」

アクセス元を確認したら「yahoo」と記載が。確認したらブログに書いたコラムがyahooニュースのTOPを飾っている。

遂に!!!きたか!!時代が!!うおおおおおおおおお!!!!!!

瞬間風速とはいえ、かなり舞い上がっていました。

自社サービスよりアクセスあるブログに

スポンサーリンク

 

当時、僕はある会社で広告の仕事をしていました。

知名度もそこそこある会社でしたが、僕のブログはyahooニュースのTOPに載って以来、自社サービスよりはるかに多くのアクセスを集めていました。

アクセスは月間で50万PVにも上り、一部の就活生の間では定着もしつつあったので、僕自身とてもやりがいを感じていました。

営業先でお客さんと話をしていても、心の中では「自分のブログに広告出したほうが集まると思うんだけどなぁ」とか思ったりしてこれはもう独立してもいいのでは...?とか妄想してました。

そんな営業の帰り道、直属の上長から「社長が呼んでるぞ」と連絡がありました。

ブログがバレた

yahoo!ニュースに載った1週間後くらいのことでした。まさかと思っていましたが予感は的中。

匿名とはいえ、見る人が見ればわかる内容だったために見事に特定されました。

しっかり魚拓もとられ、全社員にメールでブログが共有されました(中にはブログを知っている社員もいたりして、ちょっと嬉しかったり)。

バレたとはいえ、お金稼いでないから副業ではないし、会社の情報を漏らしているわけでもない。

これで怒られたらブログはこの世に存在できない!それくらいに考えました。しかし現実は厳しかったのです。

「これうちのことをディスってない?名誉毀損の可能性あるなぁ」

「本当に稼いでないの?証明できる?副業だったら懲戒だよ?」

「会社の機密情報少しでも載ってたら訴訟だよ?これ怪しいなぁ」

いやいやおかしいでしょ!!と思いつつも、初めての事態にどこと無く罪悪感を感じている自分もいて、反論出来ず。。。ただひたすら攻撃を受けるサンドバック状態に。

「お前のはうちモノのだから」

それから1週間、毎日法務に呼ばれて記事をひとつひとつ検証する作業がスタート。

ブログは全記事非公開、自社を紹介している記事以外は全て削除。なんだかもう、切ないというか、やるせないというか。

最終日に僕は社長に謝りにいきました。ブログを削除します、もう続けないから許してくださいと。すると、社長はPCのモニタ越しに

社長「あぁ、あのブログもうウチ(会社)のだから」

僕「...?」

社長との面談後、法務から丁寧に説明されようやく事態を収拾しました。社員のものは会社のもの。お前のものは俺のものというジャイアニズム。ただそれだけでした。

アクセスとユーザーが定着している僕のブログを、そのまま自社コンテンツにする計画が決まっていたようです。

なんて情けない会社なんだ。

理不尽云々より、自分の会社の情けなさに悲しくなりました。素直に最初から「いいね!これうちでやろうよ!」って言ってくれたら僕も嬉しかったのに。

僕はこのとき、丁度リクルートの人から入社の誘いを受けていて、最終面接で「そのブログ、事業化したら面白いかもね」なんて話をしていました。

独立するか、リクルートに行くか、残留してブログをやり続けるか、自身のキャリアの選択肢に迷っていましたが、この瞬間に心が決まりました。

今の会社を辞めて、リクルートに行く。

すぐに辞める旨を社長へ伝えたところ、手のひらを返したように「編集長にしてやってもいい」「事業部長にしてやる」「給与に不満があるならボーナス出す」とか提案してきましたが、もう何にも魅力を感じなかったです。

今更変わり果てたブログを取り返そうとも思わないし、何よりこんな器でやってる会社が大きくなるはずがない。そう思っていました。

翌週、退職届けを出し、僕はリクルートへ転職しました。

今も運営されています

僕の作ったブログコンテンツは今もしっかり運営されています。

編集部なるものも作られ、事業も拡大しているようです。内容は僕のやっていたころから進化していないため、時代遅れの残念なコンテンツになっています。

今でもたまに見ますが、離婚して会えなくなった子供を見るような気持ちで見ています(※離婚したこともないですし子供もいませんが...)。

ブログには可能性がある

この経験から、僕はブログにすごく可能性を感じています。ブログは会社の事業にもなり得るんです。

ブログで稼ごうとか、そんな小さな話ではなく、発信するメディアとして非常に大きなポテンシャルがあり、やり方によっては事業にも会社にもなるんです。

どんな形であれ、ユーザーに届くものをちゃんと出していれば、それは大きなものに変わっていくことを自身の身をもって体験しました。

今後、このブログもそんなふうに伸ばしていけたらいいなと思っています。※今の会社は副業OKで周りも知ってるので、伸び伸びやらせてもらってます。

みなさんもお気をつけあそばせ。

※このブログですが、紆余曲折を経て返還いただき、ちゃんと運営してもらえる別会社へ事業売却させていただきました。

スポンサーリンク