転職アンテナ

年収で転職を考えるジョブホッパーのブログ

【就活】学歴フィルターで高校名も見られるのは本当か

f:id:recruit_man:20160211110230p:plain

これまで学歴フィルターは大学名が基本でしたが、昨今では高校名も判断材料になっています。今回は学歴フィルターの実態について、リクナビで営業していた自分の経験を基に書いてみました。

スポンサーリンク

 

学歴フィルターの大学ランク

学歴フィルターは、一部の大学だけに絞って新卒採用を行うために設けられる足切り基準のこと。MARCHと早慶には大きな差があると東洋経済でも取り上げられています。

僕が新卒採用の現場で見てきた大学の学歴フィルターはこんな感じでした。

S:超上位校(東京、京都、一橋、海外大)

S':地方旧帝+(東北、九州、北海道、大阪、名古屋、東工大)

A:早慶上智+(早稲田、慶應、上智、国際基督教、東京外大)

B:関関同立(関西、関西学院、同志社、立命館)、GMARCH(学習院、明治、青山学院、立教、中央、法政)

C:日東駒専、大東亜帝国

D:その他

僕が人事とやりとりしていたときは「Sセグメント学生の参加目標人数は◯◯人、Bがセグメントが◯◯人、Cセグメントは説明会満席表示にしてゼロ名で」というオーダーをもらい、説明会フォームを大学毎に分けて設定していました。学歴フィルターは本当に存在していて、説明会から大学別に仕訳されます。以前、ゆうちょ銀行での学歴フィルターが話題になってました。

学歴フィルターは高校名にも及ぶ 

最近は大学名だけでなく、高校名にも学歴フィルターがあてられるようになっています。

理由は「AO入試で入った学生は基礎学力が低いケースが多い」から。大学名でフィルターをかけても、AO入試や推薦、附属校からのエスカレーター学生などが混じっており、上位大学の学生=優秀とは言い切れないため。そこで、企業は新たな判断軸として高校名を見るようになっています。

例えば、有名な進学校を卒業して無名私立大学に行った学生を探し出すことで、採用競争率の低い無名大から、偏差値の高い優秀な学生を採用できたり、東大生でも地方の公立高校は落としても進学校にいた偏差値の高い学生を採用する、という具合です。

スポンサーリンク

 

学歴フィルター導入企業は増加

新卒採用担当者は限られた期間と人員、予算を使って優秀な学生を採用しなければならないため、効率よく集めなければなりません。そのため学歴フィルターを使う企業は年々増加傾向にあります。

また、より優秀な学生に会うために、最近ではOBOG訪問を実施する企業も増えています。これはある意味チャンスなので就活生の皆さんは積極的に行っておいた方が良いです。

人事側からすれば、リクナビやマイナビの一括エントリーで集まってくる「とりあえずエントリー」組に時間を割くよりも、採用実績のある上位大学だけに時間を費やしたほうが効率が良いわけで、結果として学歴フィルターやOBOG訪問を導入せざるを得ないのが現状です。

f:id:recruit_man:20180312121157p:plain

最近ではリクナビよりも外資就活ドットコムのような上位校学生に特化したリクルーティングサービスが繁盛しているのもこうした背景から来ています(外資就活ドットコムでは高校名も登録できるようになっています)。 

学歴フィルターを超えるには

学歴フィルターがあるとはいえ「Fランだから説明会に参加できない」と言っているうちは就職は厳しいです。今の時代、SNSなどのツールを使って社員に会いに行ったり、ブログを使ってネットで情報発信したりと、自分の実力を学外で発揮できる場が多くあります。特に社会人との接点を多く持った方がいいです。
高校名にまでフィルターをかけられる以上、今更高校の情報を更新することはできないので、大学生活の中で努力しましょう。学歴コンプなんて持たず、今自分にできることをするといいですよ。

スポンサーリンク